電子部品を通販で購入して失敗しないために

修理や工作で電子部品が必要になったが、どう購入すれば良いか…そんな時は通販で電子部品を購入するのがおすすめです。実際に電気街などの店舗に行って買うのは一店舗で部品がそろうのは稀ですし、必要な電子部品をパーツリストを見ながら買い物するのは非常に集中力と時間を要し大変です。買い忘れや品間違えなどミスしてしまうし、少し凝ったものを作ろうとしたりして大量多種の電子部品が必要な場合、丸1日電気街を回っても全部品をそろえられない事も良くある事です。通販ならば品ぞろえ豊富でインターネットで調べながらじっくりと部品選定が行え数量や規格の間違いも少なくでき、送料などかかっても多くの場合、電車代などの交通費よりは安く済むはずです。では通販で買う時にどのような事に注意すればよいのでしょうか。

部品の規格や寸法サイズ必要数の確認をしっかりと

耐圧や容量が足りていないのは論外ですが、大きすぎても回路設計によっては上手く動作しない電子部品などもあります、知識が無くわからない場合は安易に代用するのではなく同一規格、同型番の物を購入しましょう。トランジスタなど半導体部品、抵抗器などは選別品などもあり同型番の電子部品でも精度や性能が違う物があるので注意です、回路によってはディスクリートトランジスタ、FETや抵抗器は多めに買い自身で選別する必要もあるでしょう。意外と落とし穴なのが寸法サイズ、同性能の部品なので買ってみたらサイズが大きくケースに入らない、基板上に上手く実装できないなど不格好になったり、使用できない場合もあり注意が必要です、しっかりと使用可能な寸法を調べ購入してください。無理な電子部品選定は危険の元ですので寸法サイズや特に耐電圧、耐電流値はしっかりと見極めてください。

使用しなくても劣化しやすい電子部品

通販で電子部品のジャンク品やセール品などもあったりしますが、多くは売れ残りや難あり品など長期在庫品でしょうから経年劣化のしやすい電解コンデンサ、ヤニ入り半田、クリーナーなどのケミカル品は避けたり使用には気を付けましょう。抵抗器やフィルム、セラミックコンデンサなどは低温低湿暗所できちんと保管しておけば劣化しづらいですし様々な値なものを多用、場合によっては調整で交換したりしますので、よく使う値は多めに買いストックしておくと便利です。トランジスタ、FET、オペアンプのよく使用する型番、銅線などの線材なども多めに買い予備や少し余剰があると安心です。予備があると安心とは言え長く電子工作をやっていると必要のない部品や、予備など過剰に貯まりやすいので取捨選択し程々の部品ストックになるように気を付けたいところです。