電子部品を通販で買うときに見ておくべきポイント

自作のパソコンやHDD、モニターやスピーカーといったオーディオ・電子機器から、無線など電子工作品まで、普段忙しい方の大きな味方となるのが電子部品の通販サイトです。大手の電子部品取り扱い企業なら、大抵は通販サイトも併設しているため、何度かお店を利用したことのある方は、それぞれのお店ごとの特徴も理解しているので、探す際はわかりやすいでしょう。しかし、一度も訪れたことがない方や、電子工作自体が初めてという方は、最初は戸惑うことかと思います。部品の見方や名称、そして見慣れぬキット販売、それに伴う必要な工具類などなど…。ここでは、そんな電子部品を通販で購入する際に、見ておきたいポイントに関して、いくつかのコツや注意点をご紹介していきます。ぜひ購入の際に役立ててください。

ポイントその1・価格には気をつけて

電子部品に限らず、気をつけたいのが価格です。少しでも安く済ませたいのは人情というものですよね。ただし、一般的な商品と違い、電子部品ひとつひとつの値段はあまり差がありません。一度に何千という数を注文するならいざ知らず、例えば電気抵抗などはひとつ数円~数十円の世界なので、最初のうちはあまり「いくつものサイトを行き来して値段の差を調べる」ということをしなくても大丈夫です。続けるうちに、企業ごとの品揃えの違いや特性が分かってきます。気をつけたいのは、送料です。部品を一揃えしても、送料の方が高いなんてことはザラにあります。なので、欲しいパーツが確定したら、4~5社のサイトを見比べて、送料が比較的低いところを選ぶようにすると良いでしょう。その上で、パーツごとの値段を比較するとなお良いですね。

ポイントその2・最初はキットで、慣れてきたら個別に

大抵の大手サイトであれば、部品・パーツごとの単体販売と、PCやオーディオ、カー用品などジャンルごとのセット販売や工作キット販売を行っています。最初から回路図がわかっていて、必要な部品も全て細かく記された設計図をお持ちなら、それに従ってパーツごとに揃えるのが良いでしょう。しかし、一から始めるという方で、なおかつあまり知識や経験がない方に関しては、パーツや工具類が揃ったセットや工作キットを購入した方が無難です。また、いくらキットと言えど難易度の高いものもあるので、最初はやさしいものを購入しましょう。いきなり挑んでも挫折のもととなります。上級者になってくれば、まとめ売りの部品・パーツ類を購入して、自ら測定して極性を判別すればかなり安上がりになる、という利用方法もできるようになります。しかし、最初はスターターキットなどや、きちんとしたパーツのみに絞って利用していきましょう。