オフィス 間仕切り

現在お仕事をされているオフィスは、どのような間取りで利用されているでしょうか。パーテーションなどを置かず、広々とした一つの空間で仕事をすることももちろん良いのですが、効果的に間仕切りを利用することで仕事の効率が上がることもあるのです。オフィス内の限られた空間を上手く利用するためにも、間仕切りの種類やその効果的な設置の仕方をご紹介いていきます。まず、代表的な種類としてアルミやスチール製のものが多く、それに軽量の石膏ボードが組み合わさったもの、透明で向こう側が見えるタイプやフェイクグリーン、ステンドグラスのような模様をあしらったデザイン性の高いタイプもあります。バリエーションが豊富で、それぞれ可動性や軽量のものなど特徴があるため、利用目的に沿って選んでください。

一角を区切るだけで集中できる会議室に

近年、幾つかの部屋に分かれている明確な区切りのない、広いワンフロアタイプのオフィスへの人気が高まっています。利用者自身がレイアウトを決めることが出来るという自由さや、開放感を感じられること、社内のコミュニケーションが取りやすくなるなどさまざまなメリットはありますが、間仕切りで分けた方が仕事の効率が上がる場面が発生することがあります。例えば、会議室や来客用の打ち合わせスペースには、やはり間仕切りが必要でしょう。別の空間として間仕切りを設置することで、その場所に入った時に気分が切り替わり、集中して打ち合わせが出来ることに繋がります。また来客用には少しデザイン性のある間仕切りを利用すると、シンプルな空間とはひと味違ってきます。ちょっとした工夫で良い印象を持たれるでしょう。

オフィスの方向性を決めて間仕切りを使いましょう

会議室などの他に、エンジニアなど個人で行なう作業が長い方はデスクごとに区切る使い方も一つの手段です。ただし、完全に姿が見えないほど区切ってしまうと空気の循環が悪くなり、必要な会話にも不便になってくるので、デスク間に置く間仕切りは半透明で高さがあまり無いサイズのものが多く利用されています。オフィスのレイアウトを考える際には、細かく部署やコピーコーナーといった役割で分けて区切ってしまうと動きにくくなったり物の収納に困ったりと以外に不便な点が出てきてしまいますので、そうではなく必要なスペースを作リ出すという発想で計画を立てると、余分な間仕切りが発生しません。このように間仕切りを使ったレイアウトは利用者の希望に合わせたオフィスを作り上げることが可能です。是非、快適な仕事環境を実現させてください。