オフィス 間仕切り

オフィスレイアウトで気になるのが、広いオフィススペースを間仕切りするかどうかです。最近では、近代的なスタイルとして、間仕切りや壁を取り払った「オープンオフィス」というスタイルを取り入れている企業が紹介されたりもして話題になりました。オープンオフィスの形を取ることで社員同士コミュニケーションを取る機会が増え、アイデアが生まれやすく、効率よく業務がすすむというメリットが語られたのです。しかし、オープンオフィスによる弊害も生じていることが知られるようになってきたのです。とはいえ、わざわざ壁を作るのにもコストがかかりますし、間仕切りだとレイアウトを変えるのにも便利です。そんなオープンオフィスにおける間仕切りの有効性や、どのような間仕切りを使用すればいいのかなどについて紹介します。

間仕切りを利用することによるメリット

オープンオフィスにしてしまうと、会議を行いたい場合や来客があった場合などに困ってしまいます。また、業務内容によっては、集中力を高めたい作業もあるかと思います。こういった場合に、間仕切りがないと、集中力がかえって散漫になってしまい、生産性を下げてしまう可能性があります。間仕切りを使用することによって、各部署の作業効率が上がり、落ち着いて作業が行えるメリットが出てきます。オフィス内のコミュニケーションを大切にしたいのか、機密性やプライバシーといった点を大切にしたいのかによって間仕切りの使い方も変わってきますが、少なくとも社内の雰囲気や気分を変える手軽な手段として、間仕切りを取り入れることはおすすめできます。また、業務面だけでなく、オフィス内をおしゃれに演出することもできます。

間仕切りの種類と重要性について

オフィスで使う間仕切りに、LGS壁というものがあります。完全に視界を遮ることができるので、壁のような仕上がりが期待できるでしょう。その他には、スチール製やアルミ製のパーテーションも人気があります。可動式でレイアウトを自由に変えることができます。前面ガラスになっているものなどバリエーションに富んでおり、特にアルミ製はスチール製よりも軽量という特徴もあるので、手軽に取り入れることができます。書棚やコピー機といった、社員が共通して使用するものもあるので、間仕切りはやりすぎずに動線を考えて取り付けることが大切ですが、各課やグループ毎に間仕切りをして、空間を分けていくことも作業効率を上昇させる上で、重要であるといえるのです。そして、間仕切りの種類の豊富さを利用してデザイン性を高めていくのもいいでしょう。