オフィス 間仕切り

最近のオフィスは、ワンフロアなどで壁などの間仕切りがない作りのデザインが多く見受けられるようになってきました。ワンフロアのオフィスですと、解放感もありフロア全体の動きが見えたり、社員の移動もスムーズだったりと良い点もありますが、逆に不便な点もあります。1.電話対応中や会話中に他の社員の声が雑音となり聞き取りにくい。2.会議や機密事項などの重要な会話や内容が漏れてしまう恐れがある。3.デスク周りのプライバシーが保護できない。などといった悪循環もあります。間仕切りを利用することで、個々が集中して仕事ができる空間を作ることが可能になります。来客者に覗かれているような視線を感じたりすることもなくなります。重要な会議や書類などの情報が漏れる心配も少なくなるのではないでしょうか。

オフィスで間仕切りを利用するメリット

ワンフロアなどのオープンオフィスでは、重要な書類が誰でも目に留まったり、社内での会話や電話での会話が筒抜けになったりと、不安な事も多いのではないでしょうか。これでは、情報の漏えい防止やプライバシーの保護も出来ません。そこで、間仕切りを利用することでどのようなメリットがあるのか説明します。間仕切りを利用することで個々のプライバシーが保護でき、人の眼や視線を気にすることなく仕事に集中できる。電話などの会話も周りの声で聞き取り辛くなる心配がありません。重要な書類や機密事項も関係者以外に見られる心配も少なくなります。また、会議などの内容も外に漏れることなく話し合いができます。オフィスで間仕切りをすることにより、仕事も円滑に進めることができ情報の漏えいを防ぐことにも繋がるのです。

オフィスの間仕切りで秘密を保つ

オフィスでの間仕切りを利用することにより秘密が保たれます。ワンフロアなどのオープンオフィスでは、会話が筒抜けだったり、デスク周辺のプライバシーを保護することも出来ません。また、重要な話をしていても外の声などで聞き辛かったり、情報が漏れてしまうことを懸念して会議などは外で部屋を借りるなどしなくてはいけません。これでは、コストも増えるばかりです。オフィス内の間仕切りも様々なタイプがあります。通常フロア用では個々の仕事に集中しスムーズに進める為のタイプや、上役用の個室タイプ、また会議や来客用の間仕切りで、重要な会議での会話や資料などの書類が外に漏れたり、外の眼や視線を気にすることもなく円滑に対話ができるタイプなど。間仕切りのタイプを工夫する事により、秘密を保守する事が可能なのです。