オフィス 間仕切り

今あるオフィスに新たに部屋を設けるとなるとなかなか大変ですが、そんな時は間仕切りを活用するのがおすすめです。間仕切りは素材や形状も様々ですが、専門業者に依頼しなくても自分たちで簡単に設置することができるものも多く、比較的容易に利用することができます。また、近頃は開放感のあるオフィスやデザイン性を重視するオフィスを中心に、今ある棚やキャビネットを上手く活用して空間を仕切っているところも増えてきています。オフィス家具を活用した間仕切りの場合は、間仕切りよりも圧迫感が少なく、開放感ある空間を作ることができるなどのメリットがあります。その他にも、オフィス内に間仕切りを設置することで、業務効率を上げることができるなど、間仕切りは上手く活用することで企業にとってメリットも多いといえるでしょう。

オフィス内における間仕切りの主な役割とは?

ひとつの部屋を区切ることで新たな空間をつくることのできる間仕切りは、スペースに限りがあるオフィス内でも大活躍で、可動式の間仕切りでオフィス内を区切れば、来客用の応接間を新たに設けたい場合や、一時的にイベントスペースを設けたい時でも間仕切りで仕切るだけで、増築など大掛かりな工事やリフォームをしなくても簡単に新たな部屋や通路を作ることが可能です。また、間仕切りには目隠しや防音の役割もあり、間仕切りで仕切りを設けることで業務に集中できる空間をつくることができます。その他にも、間仕切りというとモノトーンな色というイメージがありますが、色付きのものや、柄付きのものを取り入れることで、オフィス内の雰囲気も大きく変えることができるなど、間仕切りはオフィスに設置することでオフィス内のデザイン性を向上させる効果もあります。

間仕切りを上手く活用することで業務効率もアップ!

オフィスに間仕切りを設置する場合、機能性を重視するという企業は多いですが、近頃のベンチャー企業のオフィスでは機能性だけでなく、デザイン性や社員がリラックスできるオフィスづくりにも力を入れているところが増えており、間仕切りも企業やオフィス環境に合わせて使い方も様々です。例えば、一般的なオフィスというと社員一人ひとりが仕事に集中できるようデスクごとを完全に仕切っているイメージがありますが、オフィス内にある程度オープンな環境を作ることで社員同士が会話をする回数も増え、結果新たなアイデアが生まれることもあります。そのため、最近はデスクを仕切る間仕切りは完全には遮断せずコミュニケーションを取りやすい工夫をしている企業も増えてきています。また、観葉植物を間仕切り代わりに使用している企業も多いですが、観葉植物を置くことでリラックス効果が期待できるのはもちろん、業務効率のアップにも繋がるでしょう。

パーテーション1枚からの移設も可能です。 相場より最大半額の直販価格で提供しております。 有名施設や大手企業を中心に、年間で3000件の納品実績がございます。 様々な用途に合わせたパーテーションをご提供いたします。 ぜひ見学に来てください。 ホームページからカタログ請求だけではなく、レイアウトの相談まですることができます。 無料でお見積もり、ご相談を承ります。 オフィスを仕切って有効活用|間仕切り工事ならパーテーションラボ